活動紹介・その他

International Activities-2017年第2四半期

GNRC director, Prof. Sanada and Dr. Nakagami lectured at the 7th International Lymphoedema Framwork 2017.

2017年6月24日

イタリアシラクーザで行われたInternational Lymphoedema Framework 2017に参加し、真田弘美GNRCセンター長と仲上准教授がPlenary sessionにて講演いたしました。日本で行われているテクノロジーを駆使した創傷アセスメント方法を紹介し、リンパ浮腫患者の蜂窩織炎スクリーニング・経過モニタリング方法の提案に結び付けました。世界各国から研究者や実践家が参集し、リンパ浮腫管理の発展に向けた国際的な取り組みが共有されました。

Our Director Professor Hiromi Sanada and Associate Professor Gojiro Nakagami attended at the 7th International Lymphoedema Framwork 2017 held in Siracusa, Itally. They presented advanced wound assessment technologies which would be extrapolated to screening and monitoring method for cellulitis among patients with lympoedema. Researchers and clinicians in lymphoedema practice from all over the world gathered in this beautiful city to share the international activities for promoting lymphoedema management.





 

A.Dean,CNHK visited GNRC in May 15.

2017年5月15日

香港中文大学のAssistant DeanであるProf. ChauとA. Prof. WongがGNRCを訪問され、両校での取り組みについて意見交換を行いました。

Prof. Chau, A. Dean, The Chinese University of Hong Kong, visited GNRC in May15, and we shared and discussed about current and future nursing.





 

Skin tears joint research meeting was held in May11.

2017年5月11日

真田GNRCセンター長とカービル教授を中心としたスキンテアに関する国際共同研究の会議がCurtin大学において開催され、スキンテア要因における日豪の違いを討論しました。本内容は、今後、発表を予定しております。

GNRC director, Prof. Sanada had a skin tears joint research meeting with Prof. Carville at Curtin University. In the meeting, the differences in factors between Australia and Japan was discussed and will be presented soon.





 

ページのTOPへ