活動紹介・その他

International Activities-2017年第3四半期

Member of division of care innovation participated International Research and Development Summer School held at University of Nottingham, the UK.

2018年9月4日~9日

イギリスノッティンガム大学で開催されたInternational Research and Development Summer Schoolに、ケアイノベーション創生部門の教員とポスドクが参加いたしました。5か国から研究者・大学院生が集い、創傷とリンパ浮腫に関する講義や活発な意見交換が行われました。真田教授、仲上准教授、薮中准教授、大江准教授がエコーとサーモグラフィーを用いた褥瘡アセスメント手法を紹介し、日本で行われているテクノロジーを用いた創傷アセスメント手法を各国の研究者と共有いたしました。

Member of division of care innovation participated International Research and Development Summer School held at University of Nottingham, the UK. The participants, researchers and graduate students from five countries, discussed about wounds and lymphoedema. We introduced ultrasonographic and thermographic assessment methods for pressure ulcers and shared the technologies used for nursing assessment in Japan with researchers from other countries.





 

ページのTOPへ