活動紹介・その他

International Activities-2018年第1四半期

Prof Kiyoko Kamibeppu attended a meeting for Sibling Partnership for Advocacy, Research & Care in Childhood Cancer in Chicago.

実施日:2018年3月22日-23日

2018年3月22日ー23日、小児がん経験者のきょうだいの思いや支援について研究する会議(Sibling Summit, SPARCCC)がシカゴで開催され、上別府圭子教授が参加しました。

Mar 22-23, 2018, Prof Kiyoko Kamibeppu attended a meeting for Sibling Partnership for Advocacy, Research & Care in Childhood Cancer (SPARCCC) which was held in Chicago.
Sibling Partnership for Advocacy, Research & Care in Childhood Cancer (SPARCCC)
(PI: Melissa A. Alderfer, PhD: Nemours Children’s Health System & Thomas Jefferson University, Wilmington, Delaware, USA) (sponsored by Alex’s Lemonade Stand Foundation (ALSF))


Prof. Edward Chan Ko Ling visited Care Innovation department, GNRC.

実施日:2018年3月22日

看護システム開発部門の特任教授として2月より赴任されていますChan Ko Ling, Edward先生が、ケアイノベーション創生部門の取り組みを見学され、意見交換を行いました

Prof. Chan, Nursing Systems dept, GNRC, since Feb., visited Care Innovation dept and discussed & exchanged information about Care Innovation.


Prof. Pamela S Hinds visited GNRC, Mar 15, 2018.

実施日:2018年3月15日

Pamela S Hinds先生が、3月15日HQOR2の講義を終えられた後、GNRCを訪問、ケアイノベーション創生部門の取り組みを見学され、意見交換を行いました。

Prof. Pamela S. Hinds visited GNRC and discussed & exchanged information about Care Innovation.


Seminar reports, HQOR2: Mar 12 – 15, 2018

実施日:2018年3月12-15日

Pamela S Hinds先生によるHQOR2が開催されました。PDを含む約30名の若手研究者は、ワークショップを通じて、ヘルスクオリティ・アウトカムリサーチに欠かせないアウトカム・インジケーターの作成・評価を学びました。

Health Quality Outcome Research2 was held from Mar 12-15, and approx. 30 researchers participated it.


Dr. Sudiari, on behalf of Tanjungpura University, visited GNRC in Feb 19.

実施日:2018年2月19日

Tanjungpura Universityを代表してキタムラクリニック院長でインドネシアWOC協会会長のSudiari Jais先生がGNRCを訪問され、意見交換、ケアイノベーション部門の取り組みを見学されました。

Dr. Sudiari, President, Kitamura Klinik, and President, Indonesian Wound Ostomy Continence Nurse Association, visited CI, GNRC on behalf of Tanjungpura University. We shared and discussed about current and future nursing.


Seminar reports Feb 11, 2018

実施日:2018年2月11日

2018年2月11日(月)16:30〜17:30、医学部3号館S101号室において、Medical College of WisconsinのReza Shaker 教授による特別講演が開催されました。
Shaker教授は、上部食道括約筋の働きと気道防御の関係を解明する中でShaker訓練(シャキア法, Shaker Exercises)を開発し、その訓練法の有効性は世界に広く知られております。ご講演では、内視鏡、筋電図、マノトリーなど様々な機器を用いて病態を明らかにされた研究をご紹介頂きました。また、近年は食道括約筋の働きを改善し逆流や誤嚥を予防するデバイスの開発にも取り組まれており、中でもUES assist device(頸部に装着し食道の逆流を予防するデバイス)の効果には目を見張る思いでした。Shaker教授が取り組まれた数々の研究から嚥下障害を改善する様々な機器を開発されたことは、今後の高齢者にとって大変な朗報と言えるのではないでしょうか。 (イメージング看護学)

Special lecture ‘Upper Esophageal Sphincter; How to Improve its Function in Dysphagia and Reflux Patients,’ was presented by Prof. Prof. Reza Shaker, Medical College of Wisconsin on Feb11, 2018.


Seminar reports: HQOR1(2nd), Feb 12, 2018

実施日:2018年2月12日

第2回目は、第2回家族看護学研究セミナー〜家族間の暴力に看護師はどう関わるか〜とのジョイントでした。 副センター長の上別府教授のご挨拶を皮切りに、Chan特任教授の基調講演では、中国、アジアにおけるFamily Violence多重被害に関するの実際を、過去20年にわたる研究を踏まえて被害対象者(暴力から子供、家族へ)を中心に据えた研究の大切さのレクチャーいただきました。 シンポジウムでは、児童虐待、パートナーからの暴力、高齢者虐待の現状と課題、そして必要な支援に関して3人の先生方よりご講演いただきました。

We had a 2nd lecture in the five-part series by Prof. Chan. Approx. 60 researchers incl. 2PDs learned Family Poly-victimization, Violence for child, Partner, Elderly and those supports.


Seminar reports: HQOR1, Feb 8th, 2018

実施日:2018年2月9日

2月1日よりEdward先生が特任教授として着任され、8日にPDセミナーのHQOR1の第一回講義をされました。PD2名を含む20名程度の研究者/学生が参加いたしました。

We had a 1st lecture in the five-part series by Prof. Chan. Approx. 20 researchers/students incl. 2PDs learned ‘Public health approach & interdisciplinary perspectives.’


 

ページのTOPへ